治療方法 | 注目されている脂肪溶解注射の効果とメリット

治療方法

ウエストを測る

脂肪溶解注射で使用されるものは主にレシチン、L-カルニチン、キシロカインと呼ばれる成分になります。まずレシチンの働きは脂肪細胞を分解して血液へと排出していく役割があります。普段は細胞としてあるものをこの成分により遊離脂肪酸というものにしていき、血液へ流れやすくしていきます。しかし、実は遊離脂肪酸になっただけでは分解はできておらず、もしそのままにしてしまうともう一度脂肪細胞として形成されてしまう可能性があるのです。この時に脂肪をエネルギーに変える働きをするのがL-カルニチンの役目となっています。L-カルニチンはアミノ酸の一種でエネルギーを作っていく働きがあります。この2つの成分が上手く組み合わさっていくことによって脂肪を分解していく効果があるのです。

実際に脂肪溶解注射を受ける場合、時間は15分もかからずに終了することができ、また痛みなどもほとんどありません。脂肪溶解注射はまさしく針を刺すのみの施術になり、成分の中にも麻酔薬が含まれているので注射前も注射後も痛みは感じられず安心です。脂肪溶解注射の成分は一度に使用出来る量が限られている為、高い効果を得る為に定期的に通う必要があります。多くて5回程度通うだけで、体の中の脂肪が分解されていきサイズダウンしていきます。施術内容はこれだけなので、入院も必要無く時間も取られないので、受けたあとはそのまま買い物を楽しむということも可能なのです。

脂肪溶解注射は、1952年にフランスで生まれた方法で、今までの脂肪を減らす方法として一般的であった脂肪吸引では、専用の器具を使って直接脂肪を吸引する方法では、器具を脂肪がある部位まで注入しなければならないため、小さな傷ができてしまうことや、手術後の痛みなどのデメリットがありましたが、脂肪溶解注射という方法であれば、脂肪吸引では難しいとされていた顔や、二の腕などの部分にもしようすることができたり、短時間での治療が可能で、何よりも手術をする必要がないので、身体の負担が少なくすみ、痛みが少なくてすみ、手軽に部分やせを実現できると、今注目されている治療方法で、クリニックによっては、安く治療を受けることができると人気となっています。

脂肪溶解注射は、タンパク質などの高分子化合物が含まれている成分を、注射器に含み、部分やせをしたい部位にある脂肪に直接注入することで、脂肪細胞を破壊する効果があり、破壊された脂肪が液化されて血流にのって運ばれ、数週間で尿として排出されるので、身体にも負担が少なく痩せることができると、人気となっていますが、クリニックによって効果が異なる場合があるので、注意が必要となります。クリニックによって効果が異なる理由には、脂肪溶解注射に使用する薬の配合が異なるため、効果があまりない場合や副作用のでてしまう場合などのあるため、今後の脂肪溶解注射に使用する薬品の改良などによっては、より効果の期待できる溶解注射が生まれる可能性もあり、注目されています。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 注目されている脂肪溶解注射の効果とメリット reserved